2014年04月03日

どの学資保険に入るのがお得?

com_bn01.gif kanpo0317.png

4/2にかんぽ生命の学資保険「はじめのかんぽ」が発売されましたが、学資保険と言うカテゴリーの中でどの保険がお得なのか調べてみました。
ただ、学資保険は払い戻し方法が各社まちまちなので比較がしづらいです。
そのため、以下の条件の場合、大よそどうなるかを纏めてみました。
ただ、支払タイミングで年齢で支払うものや、大学入学時などと書いているものや、お子さんの年齢によっては子供の年齢が17歳払いにした方がいい時もあるので、詳しくは各保険会社のHPや街の保険屋さんで確認して頂ければと思います。
 
■調べた保険
・ソニー生命(学資保険スクエア)
・日本生命(ニッセイ学資保険)
・住友生命(たのしみキャンパス)
・明治安田生命(学資のほけん)
・アフラック(夢みるこどもの学資保険)
・かんぽ生命(はじめてのかんぽ)

■条件
契約者年齢:30歳男性
子供の年齢:0歳男の子
払込期間 :子供が18歳
(※明治安田生命だけ15歳)

纏めると以下のようになります。

学資保険.png

見て頂くと分かりますが、支払方法に3つのパターンがあります。

1.大学入学前の中学、高校でも貰えるもの
2.大学入学時に全額貰えるもの
3.大学入学後毎年貰えるもの

当然、支払タイミングが遅くなればなるほど返戻率は高くなりますので、同じ保険会社で比較すると返戻率の高さは1<2<3となります。
全てのパターンの商品を用意しているのはソニー生命とかんぽ生命ですが、これが当てはまっています。

つまり、まず考えなければならないのは、「お金はいつ必要になるか?」です。
大学まではなんとかなると思う方は、2や3がよいと思いますし、小学校からずっと私立を考えているので、早いタイミングでお金が欲しい。と思う方は1がよいのかもしれません。

ただ、このように比較すると、似たような条件で一番返戻率が高いのはソニー生命だと言うことが分かります。
少なくとも、4/2に発売されるかんぽ生命の「はじめてのかんぽ」よりはソニー生命の「学資保険スクエア」のがよいのではないでしょうか。



■返戻率
【1型】
ソニー生命:105.7%
かんぽ生命:102.0%

【2型】
ソニー生命:110.0%
かんぽ生命:103.8%

【3型】
ソニー生命:114.1%
日本生命 :110.1%
明治安田生命:107.6%
住友生命 :107.4%
かんぽ生命:105.9%
アフラック:105.3%

っと、この記事を書いている最中にかんぽ生命のCMが流れました。ソニー生命も被せてCMを打って、Webで見てみてね。っとか出すと面白いようにも思いましたが(笑)



タグ:学資保険
posted by rou at 01:06| Comment(0) | 比較
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: