2013年02月15日

【ニュース】生保4社の4〜12月期、住友生命だけ増収増益 銀行窓販が好調

生命保険大手4社の2012年4〜12月期の業績が14日、出そろった。売上高にあたる保険料等収入は、銀行窓口で保険の販売が好調だった住友生命保険が、前年同期比19・2%増の2兆2565億円と伸びた。残る3社は減収となり、特に明治安田生命保険は33・0%減と大幅に減少し、明暗が分かれた。

本業のもうけを示す基礎利益は、衆院解散後の株価上昇により運用環境が改善したことで、住友生命が42・9%増、第一生命保険が30・5%増と好調だった。日本生命保険は、保有契約件数の減少が響いて5・4%減り、明治安田生命も3・0%減となった。

12年度上半期の有価証券評価損は4社合計で5767億円に上ったが、4〜12月期では株価上昇により、3425億円に圧縮された。上半期に3479億円の評価損があった日本生命は1896億円に減った。



私が対象にしている保険会社のうち、メットライフアリコ以外は決算発表しました。
この後、各保険会社の決算概要を纏めたいと思いますが、時間がなかなか取れなさそうなので、ちょっとお待ちください。。。
取り急ぎソルベンシーマージン比率だけ先に速報と言う形でこの後、纏めたいと思います。
posted by rou at 03:02| Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: