2012年08月21日

ソルベンシーマージン比率(2012.6版)

最新のソルベンシーマージン比率について纏めたいと思います。

====最新================================
ソルベンシーマージン比率(2014.3版)
http://hoken-trend.sblo.jp/article/99797526.html
======================================

まず、各保険会社のソルベンシーマージン比率の遷移の表です。
保険会社横並びで見る際に役立つと思います。

ソルベンシーマージン比率12.6_.png
 これを見ると、以下の事が分かるかと思います。
・上位は「メディケア生命」「ライフネット生命」「ソニー生命」「あんしん生命」
・ネクスティア生命はかなり下落している。(2011.3時は2位だったが、2012.6には9位)
・下位も固定で「オリックス生命」「日本生命」「第一生命」「アフラック」

「日本生命」「第一生命」「アフラック」は大きな会社であり、利益も十分出ているのでまだいいですが、急激に下落している「ネクスティア生命」とずっと低く、利益もまったく出ていない「オリックス生命」は大丈夫かな?と感じるところです。

さて、詳細を書きます。



■ソルベンシーマージン比率一覧表(2012年6月第1四半期決算参照)
赤字は2012年3月よりUP青字DOWN

1.メディケア生命:3742.9%(前回1位)
メディケア生命12.6.png

前回に引き続き1位をキープ。だんだん下げがなだらかになってきたので、ある程度の高水準で止まりそうです。
決算詳細はこちら


2.ライフネット生命:2976.2%(前回2位)
ライフネット生命(12.6).jpg

上場したため2012.3は上昇したようですが、3か月後には下落していますね。
どのくらいの水準で落ち着くかでしょうか。
決算詳細はこちら


3.ソニー生命:2081.8%(前回3位)
ソニー生命12.6.png

あんしん生命を抜かして3位に浮上しましたね。
安定感があります。
決算詳細はこちら


4.東京海上日動あんしん生命:1980.4%(前回4位)
あんしん生命1206.png

ソニー生命に抜かれましたが、依然として安定感は強いですね。
決算詳細はこちら


5.NKSJひまわり生命:1475.1%(前回6位)
ひまわり生命12.6.png

10月に合併した後は徐々に上がっていますね。
医療保険、がん保険、収入保障はオススメできます。特に喫煙しない方は!
決算詳細はこちら


6.かんぽ生命:1361.0%(前回7位)
かんぽ生命12.6.png

単調増加していますね。
ただ、保険契約は減っていますので、その影響でソルベンシーマージン比率が改善し続けていると言うことなのかも知れません。
とは言え、基礎利益はTOPですし、安定感は抜群でしょうね。
決算詳細はこちら


7.三井住友海上あいおい生命:1254.9%(前回9位)
三井住友海上あいおい生命1206.png

10月に合併してからも1200%を超える水準を維持していますね。
富士生命、ネクスティア生命が落ちたせいで2ランクUPです。
決算詳細はこちら


8.富士生命:1177.3%(前回8位)
富士生命12.6.png

前回上昇したものの今回下がっていますね。
会社の規模を考えると1000%は維持したいところでしょうか。
決算詳細はこちら


9.ネクスティア生命:1019.2%(前回5位)
ネクスティア生命12.6.png

前回上昇したものの今回再度下落しています。
1年3か月で3500%近くあったのが1000%付近まで下がりました。
ネクスティア生命は責任準備金が少なすぎると思うんですけどね。。。
責任準備金が少ないのに基礎利益がマイナスな理由を少し見てみましたが、事業費と言うのが結構かかっているみたいです。
事業費を調べてみたところ・・・

事業費とは・・・
保険業務の継続に必要な費用のことで、人件費や物件費、新契約費、集金費などのことです。

集金費とは・・・
保険外務員が保険料を集金するのに必要な経費のことで、集金費は営業保険料の一定割合として払込期間を通じ営業保険料に組込まれています。集金費の主なものとして、集金員に対する人件費、保険料払込案内並びに督促経費、保険料送金費、集金機関の手数料があげられます。

ネット生命なのに、ここが高いと言うのが「?」ですが。
決算詳細はこちら


10.メットライフアリコ:896.2%(前回10位)
メットライフアリコ12.6.png

900%前後をうろちょろしています。
ただし、今回為替差損の影響もあり、大幅な赤字となっています。
外資系は為替差損リスクがあるんですね。
決算詳細はこちら


11.明治安田生命:750.0%(前回11位)
明治安田生命12.6.png

総資産20兆円overの大手の中ではかんぽ生命の次の2位です。
ソルベンシーマージン比率も若干増加しています。
決算詳細はこちら


12.住友生命:677.4%(前回12位)
住友生命12.6.png

今回から掲載させて頂いた住友生命です。
決算詳細はこちら


13.アクサ生命:621.4%(前回14位)
アクサ生命12.6.png

若干増加していますね。
ただし、基礎利益、経常利益、純利益は減っています。
決算詳細はこちら


14.アフラック:597.8%(前回13位)
アフラック12.6.png

若干上昇傾向にはあるのかもしれませんが、あまり高くありません。
あれだけCMをバンバン打っているんですけどね。
外資系はソルベンシーマージン比率は高くない傾向にあるみたいですね。
決算詳細はこちら


15.第一生命:562.0%(前回15位)
第一生命12.6.png

この辺りは定位置ですね。
ただ、ちゃんとしっかり利益を上げている会社なので問題ないんでしょうね。
とは言え、総資産は減っていっている傾向にあるので、今後の若い人の契約がどうなるかがポイントでしょうか。
会社に来る保険のおばちゃんのススメル保険には入らないようにしましょう。
決算詳細はこちら


16.日本生命:541.8%(前回16位)
日本生命12.6.png

第一生命と同じく、この辺りは定位置ですね。
新契約はすごく増えているのですが、総資産は減っていますね。
決算詳細はこちら


17.オリックス生命:486.2%(前回17位)
オリックス生命12.6.png

堂々のダントツ最下位です。
基礎利益も大分悪いですし、大丈夫でしょうかね。。。
保険の内容はいいんですが、心配になってしまいます。
決算詳細はこちら


このように経年のグラフで表示するとそれぞれの会社の状況がよく分かっていただけるのではないでしょうか。
保険に入る際、保険内容のみしか見られない方もいらっしゃると思いますが、ソルベンシーマージン比率も頭の片隅にでもいいので入れて頂ければと思います。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: